2017/11/03

ソフトバンクAirは買い取りとレンタルどっちが得?損得の分岐点は●ヶ月目!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Airターミナルは買い取りとレンタルどっちがいいの?

 

ソフトバンクAirの契約時「買い取り or レンタル」を選択するわけですが、コレどっちが得?

店員さんは「長く使うなら買い取りが得ですよ」ってオススメしてくれるけど、

長くってどのくらいよ?

 

2年は長期?

1年で解約したらどのぐらい損するの?

うーん、わからん。

 

というわけで今回は、

  • ●カ月以下ならレンタルが得!
  • ●カ月以上使うなら買い取りが得!

という損得の分岐点(境界線)を調べてみました。

買い取りとレンタルの料金の違い

以下の表は、ソフトバンクAirの「買い取り・レンタル」それぞれの月額料金です。

※(かっこ)は25カ月目以降の料金です。

※↓はみ出ている場合はスクロールできます。

Airのみ契約 おうち割(光)適用
買い取り レンタル 買い取り レンタル
基本料金 4,880円 4,880円 4,880円 4,880円
機種代金 1,620円
×36カ月
1,620円
×36カ月
レンタル料金 490円 490円
月々割 ▲1620円
×36カ月
▲1620円
×36カ月
はじめようAir割 ▲1,080円
×24カ月
▲1,080円
×24カ月
▲580円
×24カ月
▲580円
×24カ月
合計 3,800円
(4,880円)
4,290円
(5,370円)
4,300円
(4,880円)
4,790円
(5,370円)

 

買い取りプランは、36カ月使うと機種代は無料。

レンタルプランは、機種代はかからないけどレンタル料490円を毎月支払います。

そのため、レンタルプランの料金は、買い取りに比べ490円高くなります。

この記事では、おうち割を適用しない「Airのみの契約」を例に紹介しています。

また、「買い取り・割賦購入・分割払い」言い方はいろいろありますが、この記事では「買い取り」としてます。

買い取り(分割購入)の注意点

分割購入でご注意いただきたいのが、「更新月と月月割にズレがある」という点。

 

つまり、

「ソフトバンクAirは2年契約だけど、Airターミナルが実質無料になるのは3年使った時」。

 

違約金のかからない2年後の更新月に解約した場合、機器の残金19,440円を支払う必要があり、月々割が終了する3年後に解約する場合は、違約金9,500円(税抜)を支払う必要があります

Airターミナルの残債と違約金を支払わずに解約する場合、最短で4年かかります。

ユーザーはどっちを選んだ?

独自のアンケート調査で107人のAirユーザーに

「買い取り・レンタルどっちを選んだ?」と質問したところ、68人(63.5%)が買い取りを選択していました。

  • 買い取り:68人
  • レンタル:33人
  • その他(分からない・珍回答など):6人

以下は、買い取り派・レンタル派それぞれの理由を一部紹介します。

※人物画像はイメージです。

買い取り派の理由

数年以上使う予定だったので、レンタルより買い取った方が安く済むと思い買い取りにした。
キャッシュバックのキャンペーンが買い取り限定だったから。
レンタルがあるなんて知らなかった。

子供が小さく破損などの危険もあり、レンタルは感覚的に負担なため。

  • 月額料金が安いから
  • 長く使う予定だから
  • 「買い取り」がキャンペーンの条件だったから

という理由がほとんどでした。

レンタル派の理由

月々は高いけど違約金などがなくてすごく気楽です。
以前使ってたWi-Fiは引越しでエリア外になり機種代だけ払い続けたという苦い経験があるのでレンタルを選択しました。
引越しを考えており今後どのようになるかわからないのでレンタルにしました。

買い取りだと3年間料金を払わないといけないので、携帯を解約できない。
(やろうと思うと解約金が・・)
携帯を2年で乗り換えるなら、若干高くてもレンタルをオススメします。

「引っ越す予定があるからレンタルにしている」という理由を筆頭に

  • 2年毎に携帯と一緒に乗り換えるから
  • 他に良い機種が出た時に乗り換えやすいから
  • 不満があった時に解約しやすいから

など、今後の乗り換えを前提に「レンタル」にしている方が多かったです。

損得分岐点(造語)を調べてみた!

月額料金の異なる、買い取りとレンタルの損得分岐点を調べてみました。

 

下の表は「買い取り・レンタル」各プランの支払い総額です。

例えば

6ヶ目に解約する場合、支払う総額は以下の通りです。

  • 買い取りプラン
    月額料金累計:22,800円
    機器残債:48,600円
    6ヶ月間の支払総額:71,400円
  • レンタルプラン
    6ヶ月間の支払総額:25,740円

※↓はみ出ている場合はスクロールできます。

6カ月目 12カ月目 24カ月目 27ヶ月目 28カ月目 36ヶ月目
分割購入 月額料金 22,800円 45,600円 91,200円 105,840円 110,720円 149,760円
機器残債 48,600円 38,880円 19,440円 14,580円 12,960円 0円
合計 71,400円 84,480円 110,640円 120,420円 123,680円 149,760円
レンタル 25,740円 51,480円 102,960円 115,830円 124,440円 167,400円

 

28カ月目から逆転して「買い取り」の方が安くなるので、

  • 28カ月以上使う方:買い取りが得
  • 27カ月目で解約する方:レンタルが得

という選び方でよさそうですね。

 

グラフで見るとこんな感じ。

36ヶ月目以降はレンタルが490円ずつ高くなり、少しづつ差が開いていきます。

  • おうち割光セットを適用しない「Airのみ」の料金です。
  • 契約事務手数料、違約金、消費税は含んでいません。
  • 「Air割と月月割」が開始された月を1ヶ月目としています。
  • 24ヶ月目で「はじめようAir割」が終了するので、25ヶ月目から1,080円高くなります。

まとめ

  • 買い取りとレンタルの損得分岐点は、28ヶ月目。
  • 27カ月以内に解約するなら、レンタルがお得!
  • 月月割が終了する36カ月目まで使った場合は、買取プランの方が17,640円お得!

という結果になりました。

しかし、

場合によっては、19ヶ月目で解約した場合も「買い取りプラン」がお得になるんです。

2年で解約しても「買い取り」がお得なワケは?

レンタルプランでもキャッシュバックを出す代理店が増えてきたため、2年以内に解約する場合はレンタルプランの方がお得になります

キャッシュバックについてはこちらの記事もどうぞ。
>>ソフトバンクAirのキャッシュバックキャンペーンまとめ!


 

ソフトバンクAirの「買い取りプラン」と「レンタルプラン」には料金以外にも大きな違いがあります!

それは「キャッシュバック対象か否か」という点です。

  • 買取プランがキャッシュバック対象
  • レンタルプランは対象外
    (キャッシュバックなし)

となっており、2017年7月現在のキャッシュバック相場は15,000円~20,000円です。

このキャッシュバックを機器の残金(または違約金) に充てると、19ヶ月目からレンタルプランより「買い取りプラン」の方がお得になります。

※↓はみ出ている場合はスクロールできます。

18カ月目 19カ月目 24カ月目
分割購入 月額料金 68,400円 72,200円 91,200円
残債 29,160円 27,540円 19,440円
キャッシュバック ▲20,000円 ▲20,000円 ▲20,000円
合計 77,560円 79,740円 90,640円
レンタル 77,220円 81,510円 102,960円

24ヶ月目のAirターミナルの残債19,440円を、キャッシュバック20,000円で相殺できます。

つまり、違約金のかからない2年後の更新月に解約する場合も「買取プランの方がお得」ということになります。

最後に

簡単にまとめます。

  • レンタルプランの料金は買い取りより490円高い。
  • アンケートの結果、ユーザーの63%が買い取り、30%がレンタルだった。
  • 27カ月以内に解約するならレンタルが得。
  • キャッシュバックを加味すると、19ヶ月目から「買い取り」が得になる。

 

キャッシュバックを含んだ場合、損得分岐点は19ヶ月目です。

というわけで、レンタルプランは「18カ月以内に解約する短期契約者向け」となるので、19カ月以上使いそうなら、とりああえず「買い取り」を選択してキャッシュバックをもらっておきましょう。

 

ソフトバンクAirを検討中の方の参考になれば幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© SoftBank Walker , 2017 All Rights Reserved.