tokuhodai

 

ソフトバンクの「とく放題」ってお得なの?

得するためにお金を払うって本末転倒じゃね?

 

そう思ってた時期が私にもありました。

でも、1回使うとお得さがわかるんですよね。

 

というわけで、以下は

「とく放題を1ヶ月使って、いくら得した?」についてのレビューです。

抽選でお得

tokuhoudaichusen

とく放題では、毎週、月~金曜日にコンビニ商品などが当たる抽選をやってます。

当たりの商品は上の画像の通り
※商品は毎週変わります。

1ヶ月抽選をして当たった物

1ヶ月間、抽選にチャレンジした結果がコチラです。

chusen

 

抽選回数21回。

当たり6回。

総額 780円 相当のお得です。

※コンビニ価格。

内訳はこんな感じ。

  • ほうじ茶ラテ 140円
  • じゃがりこ 140円
  • LINEギフトコード 200
  • ローソンお買い物券 100円
  • ファミリーマートお茶 100円
  • セブンイレブン烏龍茶 100円

スポンサードリンク

セールでお得

とく放題のセールは激安(送料無料)です。

ただ、激安故に1品しか購入できないのが残念なところ。

 

1ヶ月間で購入した物がこちら。

トマト缶 2個で60円
img_6632

入浴剤 2個で258円
img_6690

 

トマト缶は安くても1缶80円はしますし、入浴剤は1箱429円(アマゾン価格)します。

この価格の差額を「お得」とすると

  • トマト缶 100円お得
  • 入浴剤 600円お得

セールでのお得は 700円ということになりますね。

本当に1品しか買えないのが残念。

ティッシュ、洗剤、カップ麺などなど欲しいものが激安特価で揃ってます。

トマト缶×2個60円(送料無料)はビビりました。

その他にもお得がいっぱい

上げればキリがありませんが、提携企業さんの割引も受けられます。

今月利用したのは「ヒマラヤの割引クーポン」。

義父の誕生日にスポーツウエアをプレゼントしました。

img_6615

メンバーズ登録(無料)が条件ですが、5,000円以上の買い物で1,000円割引されます。

※通常の割引は500円です。

これでさらに500円お得(差額)です。

1ヶ月でいくら得した?

1ヶ月間「とく放題」を使ってみて得した金額は・・・

1,900円ですが、

とく放題の月額料金500円を差引くと

1,400円 でした。

【内訳】

  • 月~金の抽選で700円
  • セール品で700円
  • 買い物で500円
  • とく放題の月額料金が▲500円
    ※とく放題(M)の方は590円

「たったそれだけかい!」

そう思いました?

 

でもこれは、ド田舎に住んでる私の場合。

条件が合えば、もっともっと得できます。

※セールで単価の高いものを購入すると、必然的に得する金額も大きくなります。

映画やレジャー施設の割引が大きい

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

 

とく放題では、月に1回(?)映画のチケットの半額セールが行われています。

割引額が700~900円と大きいので、1回映画に行くだけで「とく放題の月額料金分」は十分ペイできます。

 

また、レジャー施設も割引額が大きかったり、非売品のグッズプレゼントなどの特典が付くので、子供がいる家庭にはおすすめです。

月に1度の福袋の日

毎月1日は「福袋の日」です。

抽選ですが、当選すると超お得にお買い物ができます。

例えば、下の画像のお肉が500円だったり、

hukubukuro3

アマゾンギフト券10,000円分が1500円だったり。

しかもベネポポイントで還元のおまけ付き。

hukubukuro

まぁ、抽選にはハズレるんですけどね。

ベネポは、100・500・1000ポイント単位でTポイントに交換可能です。

100ベネポ=100Tポイント

最後に

私のような田舎住みでも、1ヶ月で1,400円お得でした。

レジャー施設が多い(行きやすい)地域にお住まいの方は、お得額はもっと大きくなると思います。

 

とく放題の月額料金500円の投資も簡単にペイできるので、試してみてはいかがでしょうか。

※月1回の映画だけでも元が取れます。

ちょっと注意

とく放題は、節約・倹約家の方には向きません。

上記の方は、安くてもお得でも

不要なものはいらない

というポリシーをお持ちかと思います。

 

逆に、「投資した分得したい」という投資家・経営者気質の方は、楽しみながらお得ライフをおくれるのではないでしょうか。

 

参考になれば幸いです。

こちらの記事を見るともっと「お得」になれるかも
ソフトバンクを「お得」に使う方法まとめ!