ソフトバンクユーザーにはYJカードがお得

 

ソフトバンクのスマホ・携帯、ネット回線をご利用ですか?

あるいはご検討中でしょうか。

 

そうであれば、ぜひ考えてみてほしいのが「YJカード」を持つことなんです。

扱いやすい「Tポイント」が、とても効率良く貯まりますよ。

 

そこで今回はソフトバンクユーザー(検討中の方も)に向けて

ソフトバンクユーザーのクレジットカード

なんだかんだで「YJカード」がお得

を検証してみました。

結果だけ先に知りたい方はコチラのシミュレーションに飛んで下さい。

>>ポイント還元シミュレーション

YJカードってどんなカード?

YJカードとは

YJカード(Yahoo! JAPANカード )は、入会無料・年会費永年無料で、「1%」の還元率でTポイントが貯まるクレジットカードです。

一般的に、クレジットカードのポイント還元というのは「0.5%」が基本で、年会費がかかるカードもあります。

そういった中で、YJカードは単純にトクなクレジットカードなんです。

 

YJカードはクレジットカードとしてはたいへんスタンダードなもので、クセはありません。

仮にポイントのことを全く無視して考えたとしても、とても使い勝手の良い無料クレジットカードである、というところもおすすめするポイントです。

「1回・2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い」 で支払いができて、分割とリボ以外は手数料無料です。

VISA/MasterCard/JCB、いずれかの国際ブランドを選択できます。

ふだんの生活でもTポイントが良く貯まる

YJカードでは、VISA/MasterCard/JCBそれぞれの加盟店(カンタンに言えばクレジットカードが使えるお店のこと)で買い物をするだけで、1%のTポイントが貯まります。100円利用につき、1ポイントですね。

Tポイントは、1ポイント=ほぼ1円ですから、YJカードを1万円使えば、100円相当トクなんです。

 

クレジット機能を持たない「Tカード」だと、TポイントはTポイント加盟店でしか、貯められませんよね。

そもそも、そうしたTカードには支払い機能がないのですから、仕方ないです。

※「Tマネー」の機能がつくTカードがありますが、それもTポイント加盟店で使うものです。

 

ところがYJカードなら、Tポイントと関係のないお店やオンラインショップで買い物をしても、常にTポイントが高率(1%)で貯まるんです。

電気・水道・ガス・新聞などの支払いでも、Tポイントが貯まりますし、セブン-イレブンやローソン(ファミマでない)でもTポイントが貯められます。

これはやっぱり、大きいですよね。

Tポイントは、加盟しているさまざまなお店で使ったり、他のポイントとも相互交換できるほか、ジャパンネット銀行口座があれば現金にも交換できますから、とても使い勝手がいいですね。

ソフトバンクの利用料金でも1%のポイントが付く

ソフトバンクの多様なサービスの支払いも、YJカードで行えます。

そうしますと常に1%のTポイントがもらえますから、1万円使ったなら100円、3万円使ったなら300円相当のトクになります。

一般的なクレジットカードだと、ポイントはこの半分(0.5%)になってしまうのです。

ソフトバンクカードもあるけど?

ソフトバンクカードデザイン

ソフトバンクユーザーならすでにご存知、あるいはお持ちかもしれませんが、「ソフトバンクカード」というものがあります。

こちらは入会費・年会費無料のVISA「プリペイドカード」であり、銀行振込、あるいはTポイントをチャージして使うことができます。

 

プリペイドとあって、Suicaや楽天Edyなど電子マネーと近い感覚でも扱えるものです。

基本のポイント還元率は、0.5%で、YJカードの「半分」。

1万円使って50円相当のトクになります。

しかし、「おまかせチャージ」の設定をしておくと、色々なお店(VISAマークのあるお店)でソフトバンクカードを使ったとき、Tポイントの還元率は「1%」になります。

「おまかせチャージ」という設定をすると、残高が減ってきたとき、自動的にチャージされるようになります。

「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」とも呼ばれ、チャージした分は、後日ソフトバンクのケータイ料金と一緒に請求される仕組みです。

実質的にクレジットカードに近いカードですが、やや使い方に慣れが必要です。

さらに、ソフトバンクのケータイ・スマホ料金の支払いに使えば、1,000円につき、追加で5ポイント(Tポイント)がもらえて、合計では1.5%のTポイント還元になります。

「え?じゃあソフトバンクユーザーは、ソフトバンクカードを持っていれば良いんじゃないの?」と思うかもしれません。

確かに維持費無料ですから持っていて損ではないのですが、それでもなお、YJカードを検討してみる価値は高いんです。

SoftBankカードによるケータイ料金優遇はどれほどのもの?

ソフトバンクカード(おまかせチャージを設定)でケータイ料金を支払うと、合計で1.5%のTポイントが付きます。

ソフトバンク携帯の支払いを毎月1万円するなら、

  • ソフトバンクカードは150Tポイント(1.5%)
  • YJカードの場合では100Tポイント(1%)

獲得できます。

 

これを年に直しますと、

  • ソフトバンクカード=1800Tポイント
  • YJカード=1200Tポイント

となります。

ここだけ」を見れば、ソフトバンクカードが有利です。

ソフトバンクカードの特別ポイントは、モバイル機器のみに適用

ソフトバンクカードでは、ソフトバンクのサービス利用で+0.5%Tポイント加算の特典がありますが、それが適用されるのはあくまでも「スマホ・ケータイ・タブレット」などモバイル機器の利用料金のみなんです。

 

ソフトバンク光、ホワイトBB、おうちでんき、自然でんきなどのユーザーに関しては、ソフトバンクカードを持っていても、これといった特典はないんです。

ちょっと残念な部分でもありますよね。

※期間限定キャンペーンなどを除く

YJカードはYahoo!ショッピングで真価を発揮する

もし、「Yahoo!ショッピング」を使うことがあるなら、やはりYJカードはおすすめです。

まず基本として、Yahoo!ショッピング・LOHACOで付与されるTポイントが3倍になるんです。

もっとも、銀行振込や代引きなどどんな方法で支払ったとしても 「Yahoo!ショッピング」では1%のTポイント還元があります。

これを「ストアポイント」といいます。「YJカードを使ったことによる」プラス還元は、「2%」ということですね。

ストアポイント(1%) + ボーナス(2%)=3%

もし毎月1万円分、 Yahoo!ショッピングを使った場合で考えてみますと、銀行振込や代引きなどで支払っているなら、毎月100円のTポイント獲得です。

一方、YJカードで支払えば、合計300Tポイントを獲得できます

 

ソフトバンクカード(おまかせチャージを設定)で Yahoo!ショッピングを利用した場合、月に1万円使った場合に得られるTポイントは、ストアポイントとソフトバンクカード支払いによる基本ポイントを合わせて、合計200Tポイントです。

 

月にすればたった100Tポイント(100円相当)の違いです。

でも、毎月1万円の買い物も「1年分」として考えると、YJカード=3600Tポイント、ソフトバンクカード=2400Tポイント、と、かなりの違いになりますね。

ソフトバンク・Yahoo!ショッピングで毎月1万円使った場合

ソフトバンクの携帯料金、 Yahoo!ショッピング、それぞれを毎月1万円使った状況でシミュレーションしてみますね。

年に直せば、それぞれ、利用額は12万円ですよね。

 

YJカードの場合

  • Yahoo!ショッピングで3600Tポイント
  • ソフトバンクの携帯料金では1200Tポイント

1年間の合計で「4800Tポイント」を稼げます。

 

ソフトバンクカードの場合
(おまかせチャージを設定)

  • Yahoo!ショッピングで2400T
  • ソフトバンクの携帯料金では、1800Tポイント

1年間で稼げる合計は「4200Tポイント」になりますね。

 

微妙なところですけれど、どうやら、トータルではYJカードのほうがお得なようです。

 

一番いいのは2枚の使い分けで、ソフトバンクの携帯料金(毎月1万円とする)をソフトバンクカードで支払えば、1年間で1800Tポイント、

Yahoo!ショッピングでの買い物(毎月1万円とする)をYJカードで行えば、1年間で3600Tポイントです。

合わせると「5400Tポイント」になります!

YJカード SBカード YJ・SB使い分け
Yahoo!ショッピング 3,600P 2,400P 3,600P
ソフトバンク携帯 1,200P 1,800P 1,800P
合計 4,800P 4,200P 5,400P

Yahoo!ショッピングではYJカード、ソフトバンク携帯料金の支払いならソフトバンクカード、と使い分けるのが理想的ですよね。

ただ、2枚を使い分けするのは管理や申し込みが面倒、とするならば、YJカード1枚に絞るのが得策でしょう。

入会特典もオイシイ

YJカードキャンペーン

YJカードは、カード利用のポイント還元もオトクですが、カード発行でもらえる特典も魅力的なんです。

年会費無料のYJカード発行だけで総額10,000Tポイントがもらえます。

※10,000Tポイントは6月28日までの期間限定です。

特典のTポイントは有効期限月の期間固定ポイントなので、使わないと約4カ月で失効してしまいます。

 

そして、ソフトバンクユーザーがYahoo!ショッピングの支払いに、特典でもらった10,000Tポイントを使えば・・・

さらに1,000Tポイント(10%)返ってきます。

※1% 還元× 10倍= 10%還元

ヤフーショッピングのポイント還元は、Tポイントでの支払いにも適用されます。

ソフトバンクユーザーならポイント10倍

ソフトバンクユーザーならいつでもポイント10倍なので、

  • YJカード支払い(3倍)
  • 5の付く日(5倍)
  • ショップ独自キャンペーン(1~20倍)

と併用するとガンガンポイントが溜まります。

キャンペーンによりますが、使った金額の15~20%還元される感じですね。

Tポイント還元明細

YJカードのキャンペーンについてはこちらをどうぞ。
>>Yahoo! JAPANカード

他の高還元クレジットカードを持っている人は?

たとえば楽天カードは、どこで買い物しても1%のポイント還元です。

もらえるのは楽天スーパーポイントですね。

 

YJカードとほぼ同等と考えられるんですが、それならば、どちらかを選ぶのではなく、楽天カードを持っているソフトバンクユーザーも、平行してYJカードを試してみることがおすすめです。

  • 今日はYahoo!ショッピングがおトクだからYJカード
  • 今日はこの商品を楽天で買いたいから楽天カード

といった使い分けが可能です。

 

YJカードも楽天カードも年会費無料ですから、維持することそのものには、コストがかかりません。

それだったら、希望によって両方持てばいい、ってことですね。

 

また、1ポイント=1円として直ぐ使えるのが、YJカード&Tポイントのいいところです。

これは楽天カード&楽天スーパーポイントでも同じことが言えますから、両方持っても、使いたい時にサッとポイントを使えます。

ソフトバンクカードも含めて3枚持っても、ポイントの扱いにさほど困らないでしょう。

ちなみに、私は

  • YJカード
    毎月3回必ず来る、ポイント5倍の「5の付く日」にはY!ショッピング
  • 楽天カード
    ポイント還元が大きいセールでは楽天市場

とショップごとにカードを使い分けています。

楽天カードとYJカード

ファミマTカードはどうなの?

ファミマTカード(クレジットカードタイプ)は、ファミマ独自の特典があります。

しかし、Tポイント加盟でない、VISA/MasterCard/JCB加盟店(いわゆる、クレジットカードが使えるお店全般のこと)では、200円利用につき1Tポイントしか貯まりません。

0.5%還元で、YJカードや、ソフトバンクカード(おまかせチャージを設定時)の半分しかTポイントがつかないのです。

これじゃあ勿体無いですよね。

 

ファミマTカードはマチナカでの基本スペックとして、Yahoo!JAPANカードやソフトバンクカードにやや見劣りする、というのが本当のところです。

もちろんファミマTカードでは、ファミリーマート独自のキャンペーンなどもあるので、ファミマを良く使う人なら持って損ではないでしょう。

しかしそこに期待するソフトバンクユーザーであればこそ、普段使い用としてはYJカードを作成するのがおすすめです。

まとめ

ソフトバンクユーザー、あるいはソフトバンクの各種サービスを検討中というと、「ソフトバンクカードを持てばトク」と考えるのが普通ですよね。

ソフトバンクカードももちろん魅力あるカードで、キャンペーンなども加味すれば持っておくことで損はしません。

 

でも、そこでもうちょっとだけ考え、YJカードを持ってみることは、とてもおすすめなんです。

理由はズバリ、「Tポイントが、より貯まりやすいから」です。

YJカードとソフトバンクカード両方を持っても維持費は合計ゼロなので、ぜひYJカードを検討してみてはいかがでしょうか。

検証結果

YJカードの比較シミュレーションの結果

YJカードだけでもお得だけど

カードの使い分けが一番お得だった

そしてソフトバンクユーザーのヤフーショッピングポイント10倍はオイシイ

YJカードの特典の確認はコチラでどうぞ。
>>Yahoo! JAPANカード

楽天カードはコチラ
>>楽天カード新規入会キャンペーン