スマホの維持費を下げるにはキャンペーンを制すべし!のりかえキャンペーン一覧

 

この記事を書いている人 - WRITER -
f:id:hirotei:20160303144822j:plain

こんにちは。ひろてい です。

本来ならMNPで盛り上がるはずの3月が、1月以降の「高額キャッシュバック減額」の流れを受けて例年にない静まりっぷりですね。

こうなったら、各種キャンペーンを適用して維持費を下げましょう。

というわけで今回は、スマホの維持費を下げるには「キャンペーンを制すべし!」というお話です。

 

割引のあるキャンペーン一覧 2016/03/03現在

維持費を計算するには、自分がどれだけ割引されるか知る必要があります。

中には「ご家族・ご友人紹介キャンペーン」など一部の対象者しか知らない、見つけにくいキャンペーンもあるので、しっかり探しましょう。

「のりかえ」に関するキャンペーンと割引額は以下の通り。割引額は赤字です。

のりかえ割 or ギガ学割

申し込み不要で、条件に当てはまれば自動的に適用されるキャンペーンです。

※のりかえ割とギガ学割の併用はできません。

  • のりかえ割(5GB以上のデータパック)
    割引額 1,393円
  • ギガ学割(25歳以下・2GB以上のデータパック)
    割引額 1620円

 

www.softbank.jp

www.softbank.jp

 

のりかえ下取りプログラム

割引額 565円~1125円×24回

手持ちの携帯電話を下取りに出すだけの、適用されやすいキャンペーンです。

お使いの端末がいくらで下取りしてくれるか確認しましょう。

機種によってはオークションなどで売ったほうが高くなる場合もあります。

 

www.softbank.jp

 

家族まるごと割パワーアップキャンペーン

2016年3月31日(木)まで期間限定キャンペーン。

2台以上でのりかえると更に10800円(450円×24回)の割引されます。

のりかえ割・学割と併用できるのでなるべく適用させたいキャンペーンですね。

 

www.softbank.jp

 

ご家族・ご友人紹介キャンペーン

期間:2016年4月30日まで

紹介した人・された人が10000Tポイントずつ折半できるキャンペーン。

10000Pを2年間で割ると416円×24回の割引に相当。

※携帯代の支払いに一括でも使えます。

キャンペーンについては過去記事を御覧ください。

 

www.iccyu.net

 

おうち割

ソフトバンク光、ソフトバンクAirなどのネット回線を引く必要がありますが、

2年間毎月1522円割り引かれるのは大きい。

 

www.softbank.jp 

 

自分の割引額わかりました?

  • のりかえ割・ギガ学割
    1393円 or 1620円
  • のりかえ下取りプログラム
    ▲565円~1125円
  • 家族まるごと割パワーアップキャンペーン
    2台以上の契約で▲450円
  • ご家族・ご友人紹介キャンペーン
    ▲416円×24回(10000Tポイント)
  • おうち割
    ▲1,522円

より維持費を下げるため、なるべく家族と一緒に2台以上で契約したいところですね。

 

維持費の比較

[かけ放題ライト・データパック5GB・iphone5を下取り(855円)した場合]のキャンペーン適用時と、非適用時の月額使用料の比較です。

26歳以上の場合【のりかえ割】

実質 約3,600円(キャンペーンあり)
実質 約6,000円(キャンペーンなし)

※のりかえ割は1年間のため、2年目から696円高くなります。

25歳以下の場合【ギガ学割】

実質 約3,400円(キャンペーンあり)
実質 約5,800円(キャンペーンなし)

※(キャンペーンなし)とは、のりかえ割・学割・下取り以外の割引がない場合の金額です。

 

キャンペーンをフル活用した場合、どちらも3,000円台で維持できますが、キャンペーンによる割引がないと6,000円弱と高い金額を支払うことになります。

 

ソフトバンク公式の料金シミュレーションで計算しました。

 

おとくケータイのキャッシュバック

おとくケータイ はキャッシュバックが減額されている中「どこよりも高いキャッシュバック」をうたってます。

また、2台以上の契約でキャッシュバック増額されるようなので、+@の割引も期待できます。

 キャンペーンフル活用とキャッシュバックで2,000円台の維持も可能かも!?

 

 

 

最後に

安くする最大のコツは、家族で複数契約おうち割(ソフトバンク光など)でしょう。

この2つがある人とない人の差は、2年間で50,000円以上ですね。

キャッシュバックがあればさらに安くなるので色々と調査してみましょう。

 

家族がいない、ソフトバンク光も申し込めない人にとっては暗黒の時代かもしれませんが、なるべく家族を巻き込み、キャンペーンを適用させ暗黒時代を乗り切りましょう。

ではまたー。

 

 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© SoftBank Walker , 2016 All Rights Reserved.