2017/08/21

【最安値?】スマホとネット回線を安く維持する方法あるけど聞いていく?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ソフトバンクに支払う料金が高い!(au・ドコモも)

とお悩みのソフトバンクユーザーさんは多いハズ。

 

携帯が6000円?ソフトバンク光が4300円~

2つ合わせると1万円を超えてしまいますよね。

 

じゃぁ、

スマホとネット回線、2つ合わせた最安値っていくらなの?

なんとなく気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

最安値は4450円(たぶん)

アパート・マンションなど、集合住宅にお住まいの方なら

スマホとネット回線を4,450円とういう安さで維持出来るようです。

(戸建ては少し高くなります。)

 

料金を安くするポイントは以下の通りです。

  • 手持ちのスマホを格安simで運用
  • ネット回線はソフトバンク光
  • 株主優待を使う
  • 集合住宅に住んでいる
    (戸建ては少し高くなります)

これがクリアできれば、スマホとネット回線を

月額4,450円(税別)で維持できます。

※戸建ての場合は5,600円

格安simの節約効果はすごい!

まずはスマホの料金について。

格安sim・格安スマホは、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)より料金が安いということはご存知ですよね。

格安simて何?という方はこちらの記事もどうぞ。
3年目以降の高い料金を格安simで安くする!【初心者向け】

 

下の画像は、格安sim「マイネオ(mineo)」の料金表です。

自分のスマホを格安simで運用した場合、月額1,600円で済んじゃいます。

携帯に5,000円以上払うのがバカバカしいほどの安さです。

※通話+データ容量3GBの場合

 

mineo

 

  • 通話はあまりしない
  • LINEなどのアプリで間に合っている
  • キャリアメールは使わない
  • 自分のスマホで格安simを使える

という方は、格安simの恩恵を存分に受けることができます。

マイネオにも30分/60分の「通話定額オプション」がありますが、長電話をよくする方はドコモ・au・ソフトバンクの通話定額をおすすめします。

※格安simは通話の少ない方に適しています。
料金プランは生活スタイルに合わせて最適なものを選びましょう。

格安simにはソフトバンク光がおすすめ

「ソフトバンク光」はソフトバンクユーザーだけのものではありません!

格安simユーザーは、自宅のネット回線を「ソフトバンク光」にすることで、でフレッツ光より安く維持できます。

ただし、ソフトバンクの株主優待を使うことが前提ですが。

株主優待でもっと安く

ソフトバンクグループの株主優待を使うと、ネット回線の料金から割引されます。

 

ソフトバンク光(集合住宅プラン)の料金は3,800円です。

そこに、株主優待を使って950円の割引を適用。

これで、毎月の維持費は2850円(税別)です。

yuutai

 

戸建の場合は、5200円に優待割引1200円を当てて

月額4,000円(税別)です。

 

これに、先程の格安simの料金1,600円を加えると上でお話した金額になります。

  • 集合住宅 4,450円
  • 戸建て 5,600円

格安simユーザーには「おうち割光セット」が無い分、必須オプション(500円)に加入する必要がないので、ソフトバンクユーザーより500円節約できます。

※光電話が必要な方は申し込んで下さい。

ソフトバンクユーザーが、【SBスマホ+SB光+株主優待】を使った場合、安くても

集合住宅 8,500円 / 戸建て 9,500円 ぐらいなので、約4,000円の削減になる見込みです。

料金の比較

下の表は

  • ソフトバンク光+格安sim
  • フレッツ光プロバイダ+格安sim

の料金を比較したものです。

 

【集合住宅】

ソフトバンク光 フレッツ
基本料金 3800円 2830
プロバイダ料金 500
株主優待 ▲950
格安sim 1600 1600
合計 4450  4930

 

【戸建て】

ソフトバンク光 フレッツ
基本料金 5200円 3610
プロバイダ料金 500
株主優待 ▲1200
格安sim 1600 1600
合計 5600  5710
  • フレッツは8年目以降の料金
    光もっともっと割(NTT西)適用
  • プロバイダ料金は最安値の500円

で計算しています。

株主優待を使うことで、フレッツ光8年目より安い料金で維持することができますね。

集合住宅
flets2

戸建て
flets

最後に

今回の記事を簡単にまとめます。

毎月の料金を安くするためには、妥協も必要ですが

  • 格安simで運用
  • 自分の端末を使う
  • ネット回線はソフトバンク光(ネットのみ)
  • 株主優待の割引を使う

これらの条件を満たせば、スマホとネット回線を最安値で使うことができます。

「条件を全部なんて無理!」という方は

最安値の「4,450円 / 5,600円」に以下の金額を足すと大まかな維持費がわかります。

  • 格安simを使わない
    +4500円~
  • 新しい機種を買う
    +500~3000円
  • ネット回線はフレッツ光
    +500~1000円
    フレッツ光では株主優待を使えないので
    +950円 or +1200円

料金や割引に幅があるため適当ですが、大体こんなもんじゃないでしょうか。

料金プランの見直しをして、賢く節約しましょう!

参考になれば幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© SoftBank Walker , 2016 All Rights Reserved.