f:id:hirotei:20160229223222j:plain

※他ブログから記事を引っ越しました。この記事は2015/09/04に書いたものです。

 

こんにちは。 ひろてい です。

スマートフォンの毎月の支払いはいくらですか?
契約年数が2年以下なら4~5,000円、3年目以降の方は7000円程でしょうか。

 

金額の高い・安いは人によりますが、高いと感じるなら見直しが必要です。
それも、料金プランの見直しだけではなく、契約している携帯電話会社も見直したほうが良いかもしれません。

 

 

3年目以降は割高

携帯電話の契約において、3年目以降は、月々割(毎月割・月々サポート)等の各種割引が無くなり、今まで割引されていた分値上げになります。
逆に、MNPによる新規契約者は、端末の値引き、キャッシュバック、各種キャンペーン等適用で、維持費も4,000円程(以下も可能)に抑えられます。

 

優遇されるのはMNPによる新規契約ばかりで、既存契約者は置いてけぼりです。
まぁ、既存の契約者から値引きしても携帯会社の利益にならないので、当たり前ですが、既存客は面白く無いですよね。

 

維持費を安くするには、2年毎に携帯各社を渡り歩きましょう。

 

維持費を安くするコツ

一括0円で買うべし!

維持費を安くするには一括0円でのMNP(乗り換え)が必須です。
実質0円ではありません。一括0円です。

一括と実質の違いの例
実質0円
6万円のスマホを分割(一括)で購入、その後2,500円ずつ24回に分けて、6万円分携帯代から割引。

一括0円
0円(タダ)でスマホを購入、その後2,500円ずつ24回に分けて、6万円分携帯代から割引。

一括0円で買った人は、実質0円で買った人に比べて、6万円お得ですね。
更に、24ヶ月以内の解約でも、一括0円で支払い済みなので、残金を払う必要がありません。
実質0円は2年間使用し、6万円分回収して初めて実質0円になります。

※更新月以外での解約には契約解除料9,500円(税抜)がかかります。

 

更新月を待つべからず!

MNPには以下の費用がかかります。

  • NMP転出手数料 2,000円(ソフトバンクは3,000円)
  • 転入先での事務手数料 3,000円
  • 契約解除料 9,500円(更新月は無料) 

契約解除料のかからない更新月にMNPするのが理想的ですが、更新月に都合良く【一括0円+高額キャッシュバック】があるかはわかりません。
目先の9,500円をケチらず、キャッシュバックや値引きの多い時期にMNPしましょう。

 

特に3月の期末決算、9月の中間決算の時期は、キャッシュバックが増額される傾向にあります。
キャッシュバックの金額が、契約解除料を大きく上回る場合はMNPしても良いと思います。

損して得を取りましょう。

 

公式サイトやTwitterでキャンペーンを調査すべし!

各キャリアの公式サイトには、実施中のキャンペーン、プレゼントの一覧があります。
どんなキャンペーンで、いくらキャッシュバック、プレゼントがあるのか把握しておきましょう。

また、Twitterでの検索や乗り換え先のキャリアを使っている家族・友達にキャンペーンがないか聞いてみましょう。

 

私が契約した時は、「ご家族・ご友人ご紹介キャンペーン」(終了してます)というものがあって、ソフトバンクユーザーにメールで案内が来たそうです。
これは見落としていたので、教えてもらってラッキーなキャンペーンでした。

 

コレで双方に1万ポイント×2回線ずつ(嫁さんの分も)入り、携帯の支払いに回せました。

 

交渉すべし!

キャリアショップでの交渉は難しいと思いますが、月末の家電量販店などでキャンペーンを行なっている時(3月は特に)は狙い目です。
向こうも契約を取る気でキャンペーンやっているので、少々強気でもいい気がします。
あくまで交渉はダメ元です。断られて当たり前です。

 

※ここで言う交渉とは、契約時の必須条件を緩めてもらう、販促品を多めにもらう程度の事です。キャッシュバック増額や、値引きは他社・他店との引き合いに出す程度にしましょう。

 

2015年3月にソフトバンクを契約した時の話

~チラシにてiphone6 16Gが一括0円だったので~

私 「僕と嫁のiphone6 16G 一括0円で2台欲しいです」
私 「子供用の携帯1台0円で付けてもらえませんか?」
  「今キッズケータイ(ドコモ)を2円で維持してるけど、ソフトバンクは無理なの?」
店 「少々お待ちください」
~5分後~
店 「iphone6 16Gとみまもりケータイ一括0円でOKです。」
私 「やったー。あの、子供もう1人いるんだけどもう1台無理?」
店 「無理です。」
私 「ですよねー」
私 「じゃあ、明日嫁連れて来るので、取り置きしといて下さい」
店 「取り置きはできません」
私 「じゃ、また明日来ます。~どうせ在庫あるやろ~」

翌日

私 「嫁と子供連れてきました。16G下さい」
店 「16G売り切れました。64Gは一括1万円で用意できます」
私 「ごめん。16Gないなら他所で買います」
~しばし待たされ~
店 「64Gとみまもりケータイ一括0円OKです」
私 「やったー。ついでに、みまもりケータイもう1台ちょうだい」
店 「いいですよ」
私 「え!?マジで?」

 

と、こんなやりとりがあり、iphone6 64G2台一括0円。みまもりケータイも2台付けてもらえました。
なぜか急にユルユルになりました。

  • 決算月だったから?
    携帯屋さんは3月が1番盛り上がる月です。ただ契約をとりたかったのでしょうか?
  • 嫁と子ども達を連れて行ったから?
    利用者を連れて行くことで、不正に端末や番号を取得するのでは?という疑いが晴れたのでしょうか。
  • おいらがイケメンだったから?
    イケメンです。

まぁ、携帯買うなら3月が良いって事でしょうか。
また、ソフトバンクに限るかもしれませんが、みまもりケータイはキャンペーン以外でも交渉次第で付けてくれるんじゃないかと睨んでます。

私の勝手な憶測ですが、ダメ元で軽く交渉してみましょう。

 

まとめ

ここまで、安い・高い と金額の事ばかりを書いてきましたが、損・得は人それぞれです。

 

MNPするには、いい案件を探す手間と、契約に2~3時間がかかります。そのため、人によっては貴重な時間を失うので、MNPは損となります。
また、長期契約者にとって、居心地の良い愛着のある会社であれば、これもまたMNPは損ですね。

 

携帯電話各社とは、生活スタイルに合わせてうまく付き合っていきましょう。