mens-991728_640

 

3年目からのスマホの維持費どうします?

 

2年を過ぎると「月月割や下取り割引」が終了し、割引ナシの状態になります。

月額3~4,000円で維持できている、2016年1月以前の「のりかえ組」※1にとっては大幅な増額ですよね。

 

1人分なら「しょうがない!」で済みますが、3人以上の家族をお持ちのお父さん・お母さんにとっては深刻な問題。

ちなみに、3人家族で1人2,500円増額すると、

1年で90,000円の負担増となります。

 

家族を養う父の立場から言わせて頂きますと、

ぶっ倒れそうです(白目)

そこで今回は、4人家族の3年目以降の維持費、

「3年目以降は機種変更とデータシェアどっちがお得?」

について考えてみたいと思います。

「どっちが安い?」の結果だけ知りたい方は
結論にジャンプ!

※1 2016年1月以前は、一括0円のスマホに高額キャッシュバックと月月割が付いて安く維持できていましたが、総務省から「一括0円・高額キャッシュバック禁止令」が言い渡され、安く維持することが困難になりました。

スポンサードリンク

家族データシェアとは?

簡単に言うと、

主回線(親)が契約したデータ定額サービスの容量を、最大9人の家族(子回線)とシェアできるサービスです。

シェアするためには、親・子共に適用条件があります。

親回線

  • 通話定額プラン(ライトも可)
  • ウェブ使用料
  • データ定額
    10GB/15GB/50GB/100GB
    10GBは通話定額プランのみ

子回線

  • 通話定額プラン(ライトも可)
  • ウェブ使用料
  • データシェア月額使用料(500円)

家族データシェアについての詳しい情報は公式サイトでご確認下さい。
家族データシェア(公式)

機種変更とデータシェアの料金比較

今回比較する上での前提条件は以下の通りです。

  • 3年目以降の携帯料金を安くしたい
  • 4人家族(スマホ4台)
  • 全員iphone6を使用中
  • 機種変更するか家族でシェアするか検討中
  • ソフトバンク光の回線導入済み
    (おうち割光セット適用可能)

家族みんな機種変更の場合

iphone6からiphone7に機種変更。

データ定額パックは

  • 通話し放題の場合
    父・母 2GB / 子 5GB
  • 通話し放題ライトの場合
    4人共5GB

をとして計算しています。

 

通話定額プラン

子1 子2 4人の
合計
通話プラン 2700 2700 2700 2700
ウェブ使用料 300 300 300 300
データパック 3500 3500 5000 5000
機種代 855 855 855 855
下取り ▲1100 ▲1100 ▲1100 ▲1100
おうち割 光 ▲463 ▲463 ▲933 ▲933
合計 5792 5792 6822 6822 25228

※機種代=分割支払-月月割
3670円-2815円

 

通話し放題プランの合計は

25,228円(税別)

 

通話定額ライトプラン

子1 子2 4人の
合計
通話プラン 1700 1700 1700 1700
ウェブ使用料 300 300 300 300
データパック 5000 3500 5000 5000
機種代 855 855 855 855
下取り ▲1100 ▲1100 ▲1100 ▲1100
おうち割 光 ▲933 ▲933 ▲933 ▲933
合計 5822 5822 5822 5822 23288

通話し放題ライトプランの場合の合計は

23,288円(税別) となります。

使用中の機種を3年目以降も継続して使うより、下取りに出して機種交換した方がわずかに安くなります。

※アップルケア等の保証を付けないことが前提ですが。

家族4人でシェア

現在使用中のiphone6をそのまま継続利用する場合。

通話定額 + 10GBをシェア

子1 子2 4人の
合計
通話プラン 2700 2700 2700 2700
ウェブ使用料 300 300 300 300
データパック 9500 500 500 500
合計 12500 3500 3500 3500 23000

合計金額 23,000円 (税別)

一人あたり5,750円
(23,000円 ÷ 4人)

 

通話定額 ライト+ 15GBをシェア

子1 子2 4人の
合計
通話プラン 1700 1700 1700 1700
ウェブ使用料 300 300 300 300
データパック 12500 500 500 500
合計 14500 2500 2500 2500 22000

合計金額 22,000円 (税別)

一人あたり5,500円
(23,000円÷4人)

結論

どっちが安い?についての結論は、

家族データシェアの方が、まぁまぁ安い!

という結果になりました。

 

通話定額プラン

機種変更より、データシェアの方が、月額2,000円程安くなり、

年間24,000円の節約になるようです。

機種変更 10GBシェア
25,228円 23,000円

 

一方、通話定額ライトプランの場合は、

機種変更 15GBシェア
23,288円 22,000円

機種変更よりデータシェアの方が約1,300円安く、年間15,600円の節約になりますが、

その程度の差額なら「家族4人で最新機種に機種変」しても良さそうな気がします。

悩ましいところですね。

データシェアのデメリットを考える

おうち割光セットが適用されない

家族データシェアを組むと「おうち割光セット」や「家族オトク割」等の料金割引が一切受けられません。

 

ヘビーユーザーがいれば迷惑をかける

限られた容量を数人で分け合うため、ヘビーユーザーは他の人の迷惑になります。

また、「今月使い過ぎちゃった」というイレギュラーな使い過ぎも、他の人の容量を圧迫することになるので気を使いますね。

 

それぞれに適したパケット量を把握しておきましょう。

関連記事
料金プランの見直ししてる?意外に使ってないパケット量!

 

家族が少ないと料金的なメリットは少ない

デメリットとはちょっと違いますが、

家族(端末)が少ないと1台あたりの料金は高くなり、機種変更した時との価格差は無くなります。

ちなみに【通話し放題ライト+15GB】をシェアした場合

  • 3人でシェア 合計 19,500円
    1人あたり 6,500円
  • 9人でシェア 合計 34,500円
    1人あたり 3,833円

となります。

データ使用量の少ない(1GB程度)の家族だと、15GBを9人でシェアするのも可能です。

結局、家族データシェアを一番お得に使えるのは、

データ使用量の少ない、大家族

ってことになりますね。

最後に

いかがだったでしょうか。

4人家族(スマホ4台)をモデルに

3年目以降の運用を家族データシェアで!

ということで計算してみました。

 

感想としては、

確かに安くなるけど、思ったほど安くなかった

というのが正直なところです。

もうちょい安くなればな~とは思いますが

3年目以降を、最安値で運用するなら家族データシェアが一番お得なようです。

 

節約の参考になれば幸いです。

料金プランやシェアする人数により料金は異なります。

生活スタイルに合わせてシミュレーションしてみて下さい。

こちらの記事もどうぞ
ソフトバンクを「お得」に使う方法まとめ!